浜松城

徳川家康若き日の居城で、江戸時代には歴代城主が次々と出世。

高根城

街道の要所にあり今川、徳川、武田と支配が変わる。現在は市の史跡。

横須賀城

全国的にもここだけといわれる、河原の玉石で積まれた石垣で有名な国の史跡。

駿府城

家康晩年の居城。大御所政治の拠点として江戸を凌しのぐ。100名城。

長浜城

後北条氏が武田、豊臣の水軍と戦った水軍拠点。国の史跡。

山中城

国史跡。その代名詞である北条流堀障子はあまりにも有名。100名城。

掛川城

天守閣は木造で再建。また現存する城郭御殿は国の重要文化財。

田中城

全国唯一円形輪郭式の縄張。また家康の死因ともいわれる鯛の天ぷらでも有名。

諏訪原城

丸馬出など典型的な武田氏築城術が見られる国の史跡。続100名城。

高天神城

信玄と家康が激しい争奪戦を繰り広げた、難攻不落の城。

二俣城

天竜川の河岸段丘上にある天然の要害。家康の嫡子信康が切腹した場所。

興国寺城

伊勢新九郎(後の北条早雲)最初の居城として有名。続100名城。

小島陣屋

陣屋では例外ともいえる高石垣を備えた国の史跡

花沢城

「諸国古城之図」にも記載がみられ、現在もその名残を留めている。

丸子城

多数の遺構が良好な形で残る稀有な山城。

深沢城

武田信玄による「深沢矢文」や「土竜攻め」といった攻城戦がみられた。

千頭峯城

摩訶耶寺の北東にある、南北朝時代の宗良親王の拠点。

中泉御殿

家康が鷹狩の際に使う御殿として築かれた平城。

曳馬城

浜松城の前身になり、現在は徳川家康を祀る浜松東照宮がある。

頭陀寺城

まだ無名であった豊臣秀吉がこの地の松下之綱に仕えたとされている。

蒲原城

武田今川北条が衝突する「境目の城」とも呼ばれていた重要拠点。

久能城(遠州 )

豊臣秀吉最初の主君である松下之綱がかつての城主。多数の遺構が残る。

飯田城(遠州)

今川への忠節をつくした山内通泰が築いた。森町の史跡に指定されている。

宇津山城

浜名湖に突き出した半島状の土地に築かれた今川氏の拠点。

馬伏塚城

高天城攻めの際の徳川前線基地。「まむしづか」と読む。

堀川城

明応地震によってできた三角州の湿地帯にある。激戦地で現在は首塚のみ残る。

光明城

享禄年間に朝比奈時茂が築き、元亀年間には武田氏の属城となる。

犬居城

戦国時代、北遠に君臨した天野氏の居城。静岡県史跡でもある。

鳥羽山城

二俣城の戦いの際、徳川の本陣が築かれた。国の史跡。

相良城

10代将軍徳川家治の老中として活躍した田沼意次が築いた。

井伊谷城

大河ドラマおんな城主直虎で有名になった井伊氏発祥の地。

佐久城

浜名湖北西部に位置する猪鼻湖に突き出した岬にある平山城。

大平城

南北朝時代、井伊氏の支城。北城と南城に区分された一城別郭の形態。

天方城

天方山城守道通興は今川方の勇将。展望台からの眺めは必見。

三岳城

大河ドラマおんな城主直虎で有名になった井伊氏の本城である。

沼津城

沼津水野藩が三枚橋城廃城後の跡地に築いた。遺構はほとんど残っていない。

下田城

海と断崖に囲まれた天然の要害に築かれた後北条氏による小田原水軍の根拠地。

韮山城

北条早雲によって築かれ、伊豆地域を治める支城として活躍。

久能山城

久能山東照宮の場所にあった海上を監視するための城塞。

黒田家代官屋敷

徳川旗本本多氏の代官を務めた黒田氏の邸宅。国指定重要文化財。

葛山城

武田氏、今川氏、後北条氏に囲まれた駿河東部の国衆である葛山氏の詰城。

勝間田城

牧之原台地に縄張りされた初期の山城。木々が伐採され遺構が良く見える。

横地城

国史跡名勝天然記念物にも指定されている城館跡。金玉落としなど遺構が残る。

小山城

信玄平山城の特徴が残る、高天神城攻略の為の拠点。

足柄城

旧東海道の足柄古道に位置する。小田原征伐では本格的な戦闘が行われること無く落城。