鎌倉時代には御家人、室町時代には奉公衆として幕府に仕えた名族である勝間田氏の居城。標高130メートルほどの丘陵地にあり現在は史跡公園となり、曲輪や堀切、土塁、空堀などが残っている。
撮影日 2021年5月9日
登城口
石碑
三の曲輪
二の曲輪
堀切
北尾根曲輪
本曲輪
説明看板
勝間田氏は牧之原市勝田に本拠地を置く豪族で、鎌倉幕府の御家人であった。元弘の乱のときに一族が赤坂城、千早城の戦いに参戦している。室町時代には永享の乱、応仁の乱で将軍直属で活躍したが、今川義忠の攻撃により文明8年(1476)に落城し勝間田一族は離散した。
勝間田城は応永年間に勝間田定長が築城したと推定され、中世の代表的な山城である。牧之原台地に連なる尾根を利用して、曲輪、土塁、堀切を設け、南東には全国でも類を見ない鋸状の堀切も残っている。
基本情報
築城年 室町時代初頭
城郭構造 山城
遺構 曲輪、土塁、空堀
築城主 横地太郎家長
主な城主 横地氏
地図
パンフレット表
パンフレット裏
御城印