鎌倉時代には御家人、室町時代には奉公衆として幕府に仕えた名族である勝間田氏の居城。標高130メートルほどの丘陵地にあり現在は史跡公園となり、曲輪や堀切、土塁、空堀などが残っている。
撮影日 2021年5月9日
登城口
石碑
三の曲輪
二の曲輪
堀切
北尾根曲輪
本曲輪
説明看板
基本情報
築城年 室町時代初頭
城郭構造 山城
遺構 曲輪、土塁、空堀
築城主 横地太郎家長
主な城主 横地氏
地図
パンフレット表
パンフレット裏
御城印