小田原城の支城として小田原の防衛を担っていた。現在でも東海道(国道1号線)が城内を通過していて、街道の防御地点であったことが伺える。北条氏の独特な城郭構造である障子堀は盛土や芝を張る等で風化を抑える工夫がなされている。
2014年9月10日
西櫓堀と石碑
北条流堀障子
岱崎出丸
すりばち曲輪
一ノ堀
三の丸堀
二の丸畝堀
西櫓堀
眺望
西の丸物見台から
北の丸
架橋
弾薬庫、兵糧庫
本丸櫓台
本丸櫓台から
矢立の杉
基本情報
城郭構造 山城
築城主 北条氏康
遺構 曲輪、土塁、堀
指定文化財 国の史跡
廃城年 1590年
地図