浜松城の前身になり、元は『引馬城』という。江戸時代の絵図にみられる「古城」と表記された場所にあったとされる。現在は徳川家康を祀る浜松東照宮がある。
浜松東照宮
二公像
磯田道史氏監修
引馬城本丸跡
引間城は戦国時代に築かれた平山城で、斯波氏と今川氏の争いでは重要な拠点であった。少年時代の豊臣秀吉もその時仕えていた松下加兵衛に連れられてこの引馬城を訪れている。
徳川家康もこの地を治めた際初めに拠点にしたのもこの引馬城で、三方ヶ原の戦いでは北口にある元目口へ撤退したと言われている。
その後城主となった堀尾吉晴以降は城の主郭からは外れ、『古城』と呼ばれるようになり、米蔵などに使われた。現在は元城町東照宮が建つ。
地図