横地城(よこちじょう)は、静岡県菊川市東横地にあり、室町時代には奉行衆として幕府に仕えた名族である横地氏の居城。国の史跡にも指定されている。千畳敷、金玉落とし、一族の墓、土塁、堀切、曲輪など各所にその名残をとどめていて、国の史跡になのも納得の見どころである。
撮影日 2021年5月9日
登城口
千畳敷
石碑
案内看板
横地城は室町期の遠江国有力国人横地氏の本城として築かれた山城である。尾根上の山頂を中心に『東の域』『中の域』『西の域』を備え、土塁、堀切、曲輪などを配し、築城当時の面影を残している全国有数な城郭として知られている。東端に最も標高の高い『金寿山』があり、この山頂に山城の中心である『東の域』が築かれている。東の域から西へ向かえば中の域、千畳敷、西の域、一騎駆、金玉落とし、横地一族の墓などがあり、至るところにその名残をとどめており、時をこえ生きづく中世の世界を垣間見ることができる。
横地氏は藤原南家の系譜を引く藤原姓の一族で、平安時代から戦国時代の初め文明8年(1476年)に今川義忠によって滅ぼされるまでの間、栄えた。
土塁壕跡
横地神社
横地神社階段
眺望
金玉落としの谷
基本情報
築城年 15世紀
城郭構造 山城
遺構 曲輪、土塁、空堀
築城主 勝間田氏
主な城主 勝間田氏
地図
パンフレット表
パンフレット裏