家康が大須賀康高に命じて武田家の高天神城攻略のために築いた国の史跡に指定されている平城。全国的にとても珍しい玉石垣は天竜川から運ばれてきたもの。
撮影日 2021年5月9日
本丸南下門跡
天守台跡
天守台礎石
眺望
本丸南からの眺め
復元模型
掲示板
横須賀城は天正6年、徳川家康が家臣の大須賀康高に高天神城攻めの拠点として築かせ、その後は横須賀藩の中心となった。
平山城として山城から平城に移る過渡期の特徴を備え、中世城郭と近世城郭二つの特徴を併せ持っている。また通常ひとつの大手門が東西にあり『両顔の城』と言われたほか、『玉石積み』と呼ばれる丸い河原石も特徴的であり、全国でも珍しい。
明治維新後に廃城となり、現在城址は国の指定史跡として整備が進められている。
基本情報
指定 国の史跡
城郭構造 平城
遺構 石垣、曲輪、水堀
築城主 大須賀康高
築城年 1578年
地図
パンフレット
パンフレット
御城印