戦国時代、北遠に君臨した天野氏の居城。天野氏ははじめ今川義元に仕え、桶狭間後は武田方についた。その後1576年徳川家康に滅ぼされ甲斐へ逃亡。本城は東海自然歩道沿いにあり、よく整備されている。
撮影日 2021年5月9日
登城口
本曲輪

物見曲輪
眺望
城内説明文
犬居城は領主天野氏の居城だったもので、行者山(標高250m)の頂き東西600m南北650mに広がる中世城郭跡は静岡県史跡に指定されている貴重な文化財です。断崖絶壁に南側に対し比較的なだらかで攻撃を受けやすい北側と西側には物見曲輪、本曲輪、東曲輪などが配備され、現在も空堀や堀切等の遺構が確認できます。
基本情報
城郭構造 連郭式山城
主な城主 天野氏
遺構 曲輪、土塁、堀切
指定 県史跡
地図