今川家の西の守りの要として築かれ、武田信玄駿河攻めの激戦地ともなった。また江戸時代の城絵図集「諸国古城之図」にも詳細な記載がみられる有名な城郭といえる。
撮影日2021年5月29日
城址入口
花沢城は日本坂から小坂へ至るルートをおさえる駿府の西の守りとして今川氏によって築かれた山城である。各所には現在も曲輪や土塁、堀切などが残されていて、山頂部には堀によって区切られた一の曲輪、二の曲輪が存在する。また一の曲輪の北側には土塁も確認できる。二の曲輪から南に伸びる尾根上には茶畑となった曲輪が三箇所存在する。堀は吉津から高崎へとぬける市道となっている切通が最も大きく、一の曲輪と二の曲輪の間に残存する堀も残り具合が良好でる
登山道入り口
一の曲輪(本丸)
眺望
三の曲輪
堀切
二の曲輪
説明看板
花沢城は、駿府へ至る日本坂越えの街道をおさえる場所に築かれた戦国時代の山城である。駿河遠江守護の今川義元の命により築城されたとの説もあるが、時期は明らかではない。駿府に館をおいた今川方の西の守りとして、戦略上も重要な拠点であった。山西(志太平野)に侵攻した武田信玄と今川方が戦った永禄13年(1570年)の合戦の舞台となった城として古くから知られている。
遠望
基本情報
城郭構造 山城
築城主 今川氏または関口氏
遺構 竪堀、曲輪
主な城主 関口氏録、大原資良
廃城年 不明
指定文化財
地図
パンフレット
御城印