カテゴリー: 静岡県西部

浜松城

徳川家康若き日の居城で、江戸時代には歴代城主が次々と出世。

高根城

街道の要所にあり今川、徳川、武田と支配が変わる。現在は市の史跡。

横須賀城

全国的にもここだけといわれる、河原の玉石で積まれた石垣で有名な国の史跡。

掛川城

天守閣は木造で再建。また現存する城郭御殿は国の重要文化財。

高天神城

信玄と家康が激しい争奪戦を繰り広げた、難攻不落の城。

二俣城

天竜川の河岸段丘上にある天然の要害。家康の嫡子信康が切腹した場所。

千頭峯城

摩訶耶寺の北東にある、南北朝時代の宗良親王の拠点。

中泉御殿

家康が鷹狩の際に使う御殿として築かれた平城。

曳馬城

浜松城の前身になり、現在は徳川家康を祀る浜松東照宮がある。

頭陀寺城

まだ無名であった豊臣秀吉がこの地の松下之綱に仕えたとされている。

久能城(遠州 )

豊臣秀吉最初の主君である松下之綱がかつての城主。多数の遺構が残る。

飯田城(遠州)

今川への忠節をつくした山内通泰が築いた。森町の史跡に指定されている。

宇津山城

浜名湖に突き出した半島状の土地に築かれた今川氏の拠点。

馬伏塚城

高天城攻めの際の徳川前線基地。「まむしづか」と読む。

堀川城

明応地震によってできた三角州の湿地帯にある。激戦地で現在は首塚のみ残る。

光明城

享禄年間に朝比奈時茂が築き、元亀年間には武田氏の属城となる。

犬居城

戦国時代、北遠に君臨した天野氏の居城。静岡県史跡でもある。

鳥羽山城

二俣城の戦いの際、徳川の本陣が築かれた。国の史跡。

井伊谷城

大河ドラマおんな城主直虎で有名になった井伊氏発祥の地。

佐久城

浜名湖北西部に位置する猪鼻湖に突き出した岬にある平山城。

大平城

南北朝時代、井伊氏の支城。北城と南城に区分された一城別郭の形態。

天方城

天方山城守道通興は今川方の勇将。展望台からの眺めは必見。

三岳城

大河ドラマおんな城主直虎で有名になった井伊氏の本城である。

黒田家代官屋敷

徳川旗本本多氏の代官を務めた黒田氏の邸宅。国指定重要文化財。

横地城

国史跡名勝天然記念物にも指定されている城館跡。金玉落としなど遺構が残る。